どんなときに名前が入ったタオルを渡すと喜ばれる?

アウトドアが好きな人向きのタオル

どんな時に使うのか考えよう

入浴後に使うバスタオルですが、使用目的はそれだけではありません。
例えばキャンプの時は、身体を包んで防寒対策に使うことができます。
ビーチへ行った時は足を拭いたり地面に敷いてその上に使ったりと、意外なところで活躍するのがバスタオルだと覚えておきましょう。
特にアウトドアの趣味を持っている人には、名入りのバスタオルがおすすめです。

一般的なサイズは横が50センチ、縦が100センチぐらいですが、大判バスタオルと呼ばれる種類は、横が75センチ、縦が130センチほどです。
バスタオルは少し大きくても問題ないですし、むしろアウトドアで使うならそちらの方が重宝されるかもしれません。
さりげなく相手に好みのサイズを聞くと良いですね。

相手の性別を考慮しよう

非常にコンパクトなサイズで、20センチから30センチほどの正方形になっているのが、ハンドタオルの特徴です。
これはバッグに入れて持ち歩いても邪魔にならず、小さなカバンを持ち歩くことが多い女性におすすめです。
女性に渡すなら、華やかなデザインのハンドタオルに名前を入れてプレゼントをしましょう。
また学生も、ハンドタオルを持ち歩く機会が多いと思います。

知り合いの子供が入学したり、卒業したりした時のお祝いに名入りのハンドタオルを渡しましょう。
小さな子供ならキャラクターや、動物の絵が描いてあるハンドタオルでも良いと思います。
中学生から高校生ぐらいの女の子なら、キャラクターでは少し子供すぎる場合もあるので、花柄などのデザインがおすすめです。


TOPへ戻る